トラブルを避けるために知っておくこと
派遣と請負の違い

IT職をしている方の中には、「これから、フリーランスとして活躍をしたい」と考えている方もいると思います。
そんな方の中には、「どういった契約をすれば良いのだろう?」と思っている方もいると思います。
フリーランスとして仕事を請ける際には、クライアントによっても契約内容が変わってくるでしょうから、「これは、どういった契約になるのだろう?」と思われる方もいるでしょう。

では、フリーランスの際に行われる契約、請負と派遣の違いはというと、「だいたい、同じ様な内容では?」と思われる方も多いと思います。
どちらも、仕事を請けて進めることになりますから、確かに似てる点はあるでしょう。
しかし、この二つの契約には大きな違いがあります。請負契約を行った場合には、その業務に対し契約者は責任を持つことになります。
そのため、何らかのトラブルが発生した際には、責任を問われる可能性があるということ。
仕事の指示に関しては、委託した派遣会社が行うことになります。
それに対し、派遣の場合にはあくまでも人材を提供するということになりますから、仕事に対する責任はありません。
仕事を進める際には、派遣先の指示にもと進めることになります。

同じように見える契約、働き方であっても、どういった契約書を交わしたかによって、問われる責任も変わってくれば、仕事の指示先なども変わってくるということ。
フリーランスとして活躍する際には、仕事を請ける際にそれぞれ契約を結ぶことになりますから、契約書はどういった契約内容となっているのか理解した上で契約を進めていくことが大切となります。
何も知らずに契約してしまうと、後々トラブル時に責任を求められることもありますから、注意が必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です