トラブルを避けるために知っておくこと
業務委託と請負の違い

会社に所属し、IT関連の仕事をするとなると、毎日のように残業をしている方も多いと思います。
「残業続きで、ストレスがたまっている」と感じている方も多いでしょう。
しかし、プライベートの時間もないとなると、ストレス発散というのも難しいですよね。
こういった生活が続くと、「家でゆっくりと仕事が出来れば」と思っている方も多いと思います。
そんな方の中には、「業務委託や請負で、自宅で仕事をしていけたら」と思っている方も多いでしょう。

では、この業務委託や請負の契約の違いについて上げてみましょう。
「自宅で、自分のペースで仕事をしていきたい」と考えている方も増えてきていると思います。
「業務委託や請負であれば、自宅でじっくりと仕事に取り組むことが出来るだろう」と思っている方もいるでしょう。
そんな方の多くは、「業務委託の契約も請負の契約も、同じ様なものだろう」と思っている方が多いと思います。
しかし、実際には契約内容が異なるため、内容を把握しておかなければ、後々トラブルに発展してしまう可能性もありますよ。
業務委託と請負はどの様に違うかというと、委託契約の場合には、あくまでも作業を遂行することが目的となっており、業務の一部を任されることになります。
それに対し、請負契約は業務の完成が目的となっており、責任も大きな契約となります。

これらの契約を結ぶ際には、どちらの契約となるのかを確認し、しっかりと内容を把握しておくことが必要です。
内容によっては、トラブル時に損害賠償などを請求されてしまうケースもありますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です